薬剤師はシングルマザーに向いている

薬剤師は、就職・転職・再就職において比較的有利な職種といえます。薬剤師になるには大学で薬学部を卒業し、国家資格である薬剤師資格を取得しなければならないためです。薬剤師法によってその身分が守られ、業務独占資格として薬剤師でないと出来ない仕事も数多くあり、収入面においても他の仕事に比べ条件が良い場合が多いです。また薬剤師は女性が多く、女性への差別もなく女性が働きやすい環境が整っている職場が多いことも挙げられ、シングルマザーの人にとっても経済的に自立しやすい職業といえるでしょう。

パートのメリットとデメリット

薬剤師という職業は、パートでも比較的高い収入を得ることが出来ます。地域や職場にもよりますが、おおよそ薬剤師の時給の相場は1,800〜2,500円程度となっています。特に調剤薬局やドラッグストアなどのパートの求人はたくさんあり、すぐに働き口が見つかることもメリットといえるでしょう。もちろんパートなので時間や期間に融通が効きやすい点も挙げられます。 
一方でパートとしてのデメリットは、他の職業と同じように収入が安定しないことです。パートは正社員に比べ地位が低いため、必要がなくなれば仕事が減らされたり辞めさせられる可能性が高くなります。さらにパート勤務だとキャリアとして認められにくく、薬剤師とはいえ20代からパートとして働いていると将来のキャリアアップにも影響が出てきます。

薬剤師として転職するコツ

将来のことを考えると、ある程度子育てが落ち着いたタイミングで正社員として転職することをおすすめします。子どもの成長に合わせて出費も増えていくため、安定した収入を得られるようになったほうが将来のライフプランに対して準備がしやすくなるからです。
しかし正社員として転職しようにも、仕事と子育ての両立ができるかは実際に仕事に就いてみないとわからない部分も多く、不安に思う人も多くいるでしょう。転職活動するにあたってのコツは、ママ薬剤師がいる職場を選ぶことです。ママ薬剤師がいるということは、職場が子育てに対する理解があり、応援してくれる体制・雰囲気が整っている場合が多いからです。同じように子育て中のママ薬剤師が身近に入れば、心強い相談役にもなるでしょう。最近では薬剤師専門の転職サイトなどもあるため、そういったツールを活用して転職活動を進めてみてください。
仕事に求める条件

シングルマザーの人でも、その働き方は正社員としてフルタイム勤務の人からパートで時間を決めて働いている人まで様々です。シングルマザーといっても経済状況や子どもの人数などの養育面の状況は人それぞれですので、仕事に求める諸条件も人によって変わってきます。しかし共通して悩むポイントは「時間」と「収入」のバランスではないでしょうか。休みが取りやすいなど時間の柔軟さを選ぶか、収入の高さを選ぶか、このバランスをどう調整するかによってライフスタイルも大きく変わってきます。特にシングルマザーの場合、子どもの成長に合わせて必要な時間とお金が変わってくるため、仕事選びは慎重かつ柔軟に行う必要があるといえます。シングルマザーの方は、まず今の経済状況とライフスタイルについてもう一度見つめなおしたうえで、仕事に求める条件を整理してみてください。

正社員への転職

仕事に求める条件を整理していくうちに、パートから正社員への転職を希望するシングルマザーの方も多くいます。 
その理由は人によってもさまざまですが、まずは収入の安定さが挙げられるでしょう。パートの場合、曜日や祝日などの影響であったり、シフト制の職場だと勤務スケジュールなどによって1ヶ月あたりの給与が変動するため、安定した収入を得ることが難しい場合があります。一方で正社員になると毎月の給与が一定額になるため安定した収入を得ることが出来、将来かかる費用を踏まえた収支管理も行いやすくなります。子どもが成長するに連れてかかる費用も変わってくるため、収入が安定することは将来に備えるための計画をたてる上で重要なポイントになるといえます。
また、正社員になると福利厚生が変わってきます。いつか子どもが親元を離れひとりで生活していくことになる場合を考えると、将来に備えて正社員として厚生年金に加入できるのは大きなポイントといえます。さらに職場によっては交通費補助や住宅手当などを受けられたり、その手当の条件がパートよりも優遇される場合もあります。
正社員になると残業が厳しかったり休みがとりづらいなど懸念するシングルマザーの方もいますが、会社によるため必ずしもそうとは限りません。理解を示してくれる会社もありますので、ぜひ将来を見据えて正社員への転職を検討してみてください。
パートから正社員へ転職すべき理由

シングルマザーの人にって一番の課題は、収入と子育ての時間のバランスだといえるでしょう。特に子どもが小さい頃はどうしても手がかかるため、必要最小限の時間で収入を得られるようパートを選ぶ人が多い傾向にあります。パートの方が勤務日数・時間の融通が効きやすく、子どもの世話をしながら仕事も両立できると考える人が多いからです。 
しかしパート勤務の場合、祝日などに勤務日数・時間が影響されるため収入が安定せず、また昇給も難しいのが事実です。子どもの成長に合わせて出費が増えていくことを考えるとある程度育児が落ち着いた段階で正社員への転職を視野に入れてみてください。正社員になれば毎月の収入も安定するようになり、会社の業績や個人成績に応じて昇給も見込めるため、将来に備えた貯蓄も可能になってきます。幼稚園、小学校とあがっていくにつれ習い事や塾などの出費も増えるだけでなく、年齢的な問題もあるため早めに正社員への転職を検討する方が良いといえます。

正社員として働きやすい職種

では正社員に転職するにはどのようにすればいいのでしょうか。まずはシングルマザーとして正社員になりやすい職種を探すことです。一般的に事務職は未経験でも正社員に比較的なりやすく、また勤務時間も決まっているため今までパートで働いてきたシングルマザーの人にとっても働きやすいといえるでしょう。逆に接客業などはパートから正社員になると残業が増えたり、急なパート・アルバイトの欠勤のための代理出勤などが起こりやすいため、シングルマザーには向いていません。

転職先を探す方法

次にどのように転職求人を探せばいいのでしょうか。最近では転職サイトに求人を出す企業がほとんどですので、ある程度希望の職種を絞ることができたら転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。スマートフォンにも対応しているものがほとんどなので、パソコンがないからインターネットを使って調べることは出来ないなんて思う必要はありません。
更にそのような転職サイトから転職エージェントに相談することも可能なので、ぜひ活用してみましょう。エージェントの人たちはいわば転職のプロなので、今までパートとして働いてきた人にも、正社員へ転職するための手厚いサポートをしてくれるはずです。
今までパートとしての経歴しかないから正社員なんて...と懸念する必要はありません。このようなツールを積極的に利用し、希望に合った仕事を探してみてください。
母子家庭でも正社員がおすすめ

母子家庭で多くの方が悩むのが、仕事と育児との両立ではないでしょうか。母子家庭で抱える事情はそれぞれですが、やはり女手ひとつで子どもを育てていくためには一定以上の安定した収入が必要となります。定職に就くと日中仕事に時間を割かなくてはならなくなり子どもの面倒を見る時間がなくなる、子どもの急な発病などで仕事を休みにくいなど懸念する人もいますが、それでも正社員のほうがおすすめだといえます。 
正社員であることのメリットは、固定休であることと有給休暇が取得できることです。時給や日給のパートなどで働くと月によっては祝日などで出勤日数が減ってしまい収入が変動することがありますが、正社員のように固定給であり毎月の収入が安定することは家族を養ってく上では大きなポイントになります。さらに有給休暇が取得できれば、子どもの行事などにも参加しやすくなります。また将来のことを考えるとやはり厚生年金に加入しておいたほうが安心といえます。

正社員への転職活動にて気を付けるべきポイント

母子家庭の人が正社員に転職する場合、気を付けておくべきポイントがあります。それは自分の就労可能条件をハッキリさせておくことです。会社側からしたらやはり本音はなるべく休まず、残業も嫌な顔せずにしてくれる人の方が欲しいのが事実です。しかし母子家庭である以上、子どもの面倒を見なければならず働く時間は限られてきます。内定が欲しいからといって面接で下手に企業側にとって都合のいいような受け答えをすると、実際に就業する際に仕事と育児の両立ができなくなったり、面接で答えたことと違う行動をとっていると会社側から指摘が入り仕事を続けることが難しくなってしまうこともあります。まずは自分の就労可能条件を整理し明確に答えられるようにしましょう。何時から何時まで働けるのか、残業はできるのか、休みはどの曜日を希望なのか、子どもが熱を出したらどうするのか、などはよく聞かれる質問なので事前に対策を練っておきましょう。

正社員への転職活動が厳しいとは限らない

実際には、母子家庭の方での就職活動は厳しいとされることもありますが、決して諦める必要はありません。根気強く探せば理解を示してくれる会社が見つかりますので、子育てがあるから正社員は融通が効かないと決めつけず、今後のことを考えて正社員への転職を目指してみてください。
シングルマザーが抱える課題

シングルマザーの方はそれぞれ事情があったり、子どもの人数や養育費など、その状況は様々です。しかし「仕事」と「育児」の両立についてはほとんどのシングルマザーの方が共通して抱える課題ではないでしょうか。特に若いシングルマザーの方の場合、仕事も育児も慣れないことばかりなんてことはよくある話です。普通に考えて、育児だけでも十分大変な事が多くあり、その上収入を得るための仕事をするとなると不安に思うことも多いでしょう。そのためにも、仕事選びは慎重に進めるべきです。

シングルマザーにとっては時間が重要

シングルマザーにとって仕事選びで重視することはなんでしょうか。答えは「時間」です。自分だけならまだしも、子どもの世話をしなければならないため、その時間を確保できるような毎日決まった定時に帰れる仕事が望ましいです。逆に残業が多くある仕事だと私生活に十分な時間が避けなくなり、バタバタするだけでなく子どものことなどメンタル面で不安に思うことも増える要因になります。もしシングルマザーのあなたが定時で帰れる仕事に就いていない場合、転職を検討してみてください。

シングルマザーに向いている仕事

では、どのような仕事が定時に帰れるのでしょうか。職場環境にもよりますが、一般的に事務職は定時に帰れる場合が多くあります。特に医療事務は正社員でもほとんど残業することがなく、病院によっては午後休診の曜日がある場合もあります。
しかし事務経験がない人には、事務職への転職を不安に思うこともあるでしょう。特に医療事務の場合だと資格が必要となるケースもあり、自分で探すとなると難しくなってきます。その場合は転職エージェントに相談してみるといいでしょう。転職のプロである人に相談することで、条件に合った仕事を一緒に探してくれるだけでなく、その職場が本当にあなたに合っているかどうかの診断もしてくれます。もちろん、転職活動中のサポートもしてくれるため、心強い味方になります。定時で帰れる正社員に転職する方法として、まずは転職サイト等を通してエージェントに相談することをおすすめします。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.14-ja